機能性成分検査メニュー

分析メニュー 価格(税込み) 納期 メニューの特徴
A:β-カロテン分析検査 22,000 翌日 ビタミンAの一種であり、栄養機能成分として定められています。「夜間の視力の維持を助ける」「皮膚や粘膜の健康維持を助ける」という効能を示すことができます。
分析方法は公定法に準拠して行います。
公定法:食品表示基準〈平成27年内閣府令第10号)別表第9の第3欄に掲げる方法。
B:ルテイン分析検査 22,000 翌日 農研機構のシステマティックレビューでは、「光による刺激から目を保護するとされる
網膜(黄斑部)色素を増加させる働き」という効能を示しています。
食の安全分析センターが独自に開発した分析法で検査します(公定法との同等性は検証済み)。
C:β-クリプトキサンチン分析検査 22,000 翌日 農研機構のシステマティックレビューでは、「骨代謝の働きを助けることにより、骨の健康維持に役立つ」という効能を示しています。
分析は公定法(JAS法)に準拠して行います。
D:ヘスペリジン分析検査 22,000 翌日 農研機構のシステマティックレビューはありませんが、様々な会社で機能性表示食品として販売されています。
分析は宮崎県総合農業試験場が開発した分析法(査読付き論文済)に準拠して行います。

依頼者はどのような目的で当センターを利用している?

機能性表示食品や栄養機能性食品の表示届出や届出後のモニタリング分析で当センターをご利用される方が多いです。