一般的に残留農薬検査や、機能性成分検査は作業工程が煩雑で、加えて複数の装置を使って測定するため、結果を出すのに時間がかかります。そこで、当センターでは総合農業試験場が開発した十分な精度が確保された迅速抽出法と、多様な農薬成分を一度に測定可能な超臨界液体クロマトグラフィーを使用してます。これら2つの技術のコラボレーションにより、検査結果の翌日回答を実現しています。